高く家を売る方法の任意売却

By admin  

景気があまりよくない世の中ではいつ会社が倒産してもおかしくはありません。これでは困るようになりますが、実際に会社の業績が急に悪くなってリストラされたという人もいるようです。

このようになると、どうして住宅ローンなどが滞納気味となる人が多くなります。しかし、ローンの滞納が続くようになると、家が差し押さえられて売却されてしまいます。

住宅ローンの場合、ローンが完済するまで家は担保となっているので、滞納が多くなると、裁判所から競売が行われるようになり、家が売られてしまいます。この場合、競売物件として非常に安く売却されてしまいますが、売ったお金で住宅ローンの返済に充てたあとは自分の手元にはほとんど残らないとされています。

それどころか安く売られてしまうので、家を失うだけでなく、住宅ローンの多額に残るといったことがあります。これでは損をするので、滞納した場合、裁判所に競売にかけられる前に自分で家を売って借金や住宅ローンを返済することがよいとされています。

これは、任意売却と呼ばれているもので、任意売却では、残りの住宅ローンをすべて返済でき、自分の手元に売却代金が残るようになります。http://www.ninbai-support.jp/では、借金で困っている人にための任意売却サポートについて詳しく紹介しています。


Post a Comment

Your email is never shared. Required fields are marked *

*
*